加持を学ぶ

1.はじめに

 私は僧侶ではありませんが、弘法大師や織田隆弘先生の著書、密門会の月刊誌「多聞」を読み、 また、毎月の定例会や年に数回開催される講習会を拝聴させて頂くことによって、 次第に隆弘先生の説く加持成仏道を理解するようになりました。 隆弘先生の成仏道は易行道なので、苦しい修業ではありません。 一般の方が在家として日常生活の中で容易に実践できるものです。 但し、難信道です。“信”の確立が最も大事なことです。

 四ツ谷の真成院では、“お加持”によって病を癒す施行を実施しています。 これは経験しなければ分からないことです。“現世利益は望むものではない” とおっしゃる方もおられますが、薬を飲んで治病するのと同様で、 多くの方がお加持によって恩恵を頂いていることは、 織田隆弘先生の著書「如来の不思議」を読めば分かります。

 病をきっかけに“加持”に出会った方は幸運です。 何故なら、余程の機根の持主でなければ弘法大師の書物「声字実相儀」や「即身成仏儀」 を読んで得心できる人は少ないと思うからです。 加持によって法身仏である大日如来と一体であることが実感されるので、益々、信心が深くなるのです。

 病が癒えたからといって、そこに留まっていてはいけません。 現世利益は成仏道の入口です。つまり曼荼羅の境界の入口に立っているようなものです。 更に加持門を実践すれば、次第に悟りの世界の存在を確信できるようになります。 身業説法を体感して初めてその本質に触れることができるからです。

 今迄、正純密教がよく理解されて来なかった要因の一つは、 声字実相や即身成仏の本質を証明するお坊さんがいなかったからです。 治病という現世利益を通して分かり易く易行道として解き明かしたのが織田隆弘阿闍梨なのです。

 くどいようですが“加持”という事実を体感しなければ、 織田隆弘先生の説く加持成仏道を理解することは困難です。 是非、聞法し、毎日の勤行を実践し正純密教を学んでください。

2.加持とは

<執筆中>